神奈川県で大規模修繕をした時の流れ

どのあたりに問題があるかを調べてもらいました

大規模修繕に対して快く賛成してもらいましたどのあたりに問題があるかを調べてもらいました大きな地震が来たとしても安心して住むことができます

まず、流れとしては管理組合の方で修繕委員会を設立してもらいます。
修繕委員会を設置した後、業者に劣化診断をしてもらいます。
この時どの業者を決めるかは、管理組合の修繕委員会の中で決めていくことになります。
劣化診断に関していろいろな業者に見積もりを出してそれぞれ比較をしながら一番妥当なところを選ぶ流れです。
もちろんこの時、金額で選ぶことも重要ですが金額だけでなく業者の対応の仕方や口コミや評判などを参考にしながら選んでいくことになったのです。
業者が決まったら、劣化診断を行い現在どのあたりに問題があるかを調べてもらいました。
そうすると、ひび割れの問題もありましたが、屋上のコンクリートに亀裂が入っていることもわかったのです。